もしもファッションデザイナーがApple Watchをデザインしたら?


最近、ファッション誌などでも多く取り上げられているApple Watch。ただ、街を歩いていて、実際にそれをつけて歩いている人をまだ見たことがない。実用性がないから?ファッション性に欠けるから?価格が高いから?と様々な疑問が思い浮かぶが、実際はどうなのだろうか。

実用性に関しては、時計といえば普通は電池は数年もつ。しかし、Apple Watchはもって1日であり、さらには充電に時間がかかる。iPhoneとの接続が時々、悪くなってしまうのもデメリットの一つである。価格に関しては、68,800円からとブランドものの時計よりかは安いが、気軽に手の出しにくい価格である。

実用性、価格を見れば、あまりよい印象を抱かないが、ヴィジュアルは現状かなりかっこいい。けれども、highsnobiety.comというサイトが、もしもファッションデザイナーがApple Watchをデザインしたらどうなるかという少し勝手な予想をしていた。それがとってもかっこいい。

〈アレキサンダー・ワン〉

image123-672x372

〈シャネル〉

image124-672x372

〈ジバンシー〉

image125-672x372

〈ルイ・ヴィトン〉

image126-672x372

〈メゾン マルジェラ〉

image127-672x372

本当に売られているわけではないが少し欲しいという気になってしまう。

Apple社は以前、リテール部門に元バーバリー社のCEOを取り込むほどデザイン性に敏感なところがあるのでいつかはこんなことをしてくれるかもしれない。

〈参考記事〉http://www.highsnobiety.com/2014/09/17/apple-watch-fashion-designers/#slide-1

Post Author: yukamori