美しい女性のカラダの継続は「筋肉」でつくられる!!【Beauty column】


【Beauty column】
美しい女性のカラダの継続は「筋肉」でつくられる!!
特にどこかのブランドでもなく、普通のTシャツに普通のジーパン、それでもどこかオーラのある女性っていますよね。
「運動」という漢字は「運を動かす」と書きます。
日常的に生活に運動を取り入れ、自分の身体を楽しく常にいい状態に置いている方は、常にプラスのオーラを自分にまとっています。そういう人は何を着てもなぜかとってもカッコいい・・・・。
ピラティスは、運を味方につけて綺麗に年齢を重ねていくための1つのツールです
実に9割の女性のカラダに歪みが生じ、運動不足で筋肉が衰えると、それが原因で冷えや便秘になります。またそれが原因になり、むくみで脚が太くみえたり、便秘で血液が汚れ肌があれたり、だるくなったりと、外に出てくる原因というのは必ず身体の中身に原因があります。
そもそもピラティスとは自分で出来る整体のようなもの。
身体の土台となる骨盤のゆがみを解消して美しいカーブを描く背骨に矯正し、さらに骨盤と背骨を支える内側の筋肉を鍛える事で美しいプロポーションを保つ事ができます。
最近は少し減ってきたかもしれませんが、「筋肉を鍛える」とムキムキになるイメージを持たれる方が多いですがそれは大きな間違いです!!
逆に筋肉がなくぷよぷよ肉だったら、いくら見た目が細くても脂肪を燃焼できずに結果的に太り易い体質へと変化していきます。
ちょっと想像してみて下さい。。。。。
何も持たずにただ腕を上に上げて立つだけでも、ほんの数分で疲れてきますよね?
その負荷は重力だけなのに!です!!
その位私たちの身体は宇宙飛行士以外は一生重力にさらされて生きていきます。
そりゃあ内臓も落ちてお腹もぽっこりなってしまうわけです。
それを唯一支えてくれるのは、補正下着でもサプリメントでもなく私達が与えられ持って産まれた「筋肉」です!
こんないいもの使わない手はありません!!(笑)
もちろん筋肉の中にはムキムキになるものもあります。
実際エクササイズを行う前に、正しい知識を持っていただきたいのです。
やればいいというものでもなく、効率的なやり方で行えば時間も労力もそのぶん節約できます♪
まずは、「お腹」に焦点をあてていきましょう。
ムキムキになる筋肉は白筋といいます。たとえば男性のお腹が6個や8個に割れてるとか、明らかに外から見てとれる筋肉のことです。
これが女性に必要かといったらそうでもないですよね?私は個人的には好きですが♪
女性のお腹っていうのは、ちゃんとくびれがあってしなやかに縦にスッと線が入ってるのが美しいお腹だと思います。
それを作るのはピラティスで使うカラダの内側の筋肉、これを赤筋といいます。
この筋肉は、女性のボディラインと切っても切れない関係があるのです。
まず、
①内側の筋肉は背骨と骨盤を支えカラダの歪みを防止します。
②内臓が重力に負けない様に上に引き上げ支える役割があります。
お腹には骨がないですよね?支えるのは腹横筋(ふくおうきん)という天然コルセットです。これが鍛えられておけばぽっこりお腹とはサヨナラです。
産後の身体のリセットにもかなり重要になってきます。
内臓が下垂すると、本来の内臓機能が発揮できなくなりあらゆる不調の原因となります。便秘はそれのもっとも代表的な症状ではないでしょうか。
③ダイエットに必要な基礎代謝を上げて脂肪を燃焼させてくれる
ね?素晴らしでしょう?
骨と筋肉の両方に働きかけるピラティスはまさに、本当の美と健康をもたらす永遠のビューティーエクササイズです。
私も実践し出してもう5年が経ちますが、人生で今が最も自分の身体が大好きですし、どうしたら自分の身体がいい状態でいれるのか感じれるまでになりました。是非多くの女性にトライして頂きたいです。
先ず、最も大切なのが「呼吸」
・・・・・・。え?呼吸??と思われる方も多いですよね。
私も実際そうでした。全然筋肉と関係ないじゃん、と思ってたんです。
でもね、考えて下さい。身体のしかも内臓を自分の意識で唯一動かす事の出来る内臓筋といえば横隔膜という呼吸筋なんです。
肋骨の下の方にドームの様にくっついています。
これを意図的に、しかも大きく動かせればその下にある胃や腸も大きく動かせるというわけです。もちろん腹横筋も♪
その呼吸の仕方をまずご紹介します。
①まずは壁に背骨をしっかり立ててあぐらで真っ直ぐに座ります。
 上につり上げられるイメージで背骨は伸ばして下さい。但し腰はそらない様に!
②鼻から息を吸って、肋骨を縦と横に大きく広げます。
③口から息を吐きます。
今度は肋骨をカラダの中にしまいこんでいくイメージで。この時も上に伸びる意識は維持したままで!
これがピラティス呼吸、胸式呼吸です。
息を吸った時にお腹が出てしまうと、折角締めてる腹横筋が緩んでしまいますから、お腹は動かない様に意識しましょう。
最初はなかなか自分の肋骨が動いてくれなくて、ちょっとしか呼吸できない感じになると思います。
まずは、そこに気付くことから始めましょう。肋骨が大きく息が長く吸ったり吐いたりできるようになればその分基礎代謝が上がります。
この呼吸を使って実際身体を動かしていきます。
この呼吸がマスター出来るか出来ないかで同じ動きをやっていても効果に雲泥の差が現れます。
ピラティスは大人の体操といわれる様に、身体の中を考えながら意図的に動かして行きます。普段の生活でもこの呼吸を意識していればそれだけでインナーマッスルは鍛えられていきますから、少しずつ呼吸に慣れていくことから初めてみて下さいね★
<StyleWoman コラムニスト>
9fe7ded1cb15b3270a21c3eb49d57c91
<プロフィール>
末吉由果(KIKI) 31歳 ピラティスインストラクター
2013年に神戸にて独立 Pilates Lucia 主宰
現在第一子を妊娠中
Pilates「Lucia」
▼▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▼
【Beauty column】では、ファッション業界で働く女性、人からみられるお仕事をしている女性、また可愛く輝きたい女性の為のお役立ちコラムコンテンツをお届けします。綺麗にハイヒールを履き続けるには。。。お洒落な服を着こなす体形作り、またはヘア/メイクの方法などなどご紹介致します。

Post Author: yukamori