オードリー・ヘップバーン生誕85周年!


【Style Entertainment】オードリー・ヘップバーン生誕85周年!

今日5月4日は・・・

オードリーヘップバーンの生誕85周年です!

永遠のファッションアイコン【オードリーヘップバーン】彼女からインスパイアされる女子は数多く存在するでしょう★

そんなオードリーヘップバーンはたくさんの名言を残しています。その中から私が好きな名言を少しだけご紹介します▼▼▼

オードリー

■チャンスなんて、そうたびたびめぐってくるものではないわ。だから、いざめぐってきたら、とにかく自分のものにすることよ。

■一夜にして成功したわけではないわ。1部屋しかないフラットに母と2人で住んでいたし、生活費を稼ぐために、8年間、無名のダンサーもしたわ。演技の勉強をしたことがなく、まったく白紙の状態だったわ。それでも、あの“魔法の”120分が実現するまでに、何年も何年も努力を重ねていたのです。

■いわゆる天賦の才に  恵まれていると思ったことはないわ。  仕事を心から愛して  最善を尽くしただけよ。

■一個の道具のように自分を分析しなさい。自分自身に対して100パーセント率直でなければなりません。欠点を隠そうとせずに、正面から向かい合うのです。

- オードリー・ヘップバーン -

 

いかがですか?心にぐっとくるものはありましたか?みなさんもオードリーの好きな名言がきっとあるでしょう★素敵な人生を過ごせますように!!!

オードリー

Audrey Hepburn(オードリー・ヘップバーン)とは・・
Audrey Hepburn(1929年5月4日 – 1993年1月20日)イギリスの女優。貿易商の父とオランダ貴族出身の母の下に生まれ、5歳の時に戦争のためイギリスへ渡りロンドン郊外の寄宿学校に通う。10歳の時、両親が離婚したのをきっかけに、母と共にオランダに移住しバレエのレッスンを始めた。以後、戦火の中、モデルなどをして生計を立て、48年、単身ロンドンに渡りマリー・ランバート・バレエ学校に入学。プロとして舞台デビューを果たす。50年に端役として映画に出演。以降、数本の作品に出演した後、51年、撮影中に『ジジ』の原作者であるコレット女史と出会い、同作のブロードウェイ公演で主役に抜擢される。その舞台を見たウィリアム・ワイラーにより53年「ローマの休日」にて主役の座を獲得。作品の大ヒットと共にアカデミー主演女優賞を受賞し、一大ブームを巻き起こす。以後はスター街道を突き進み「麗しのサブリナ」「尼僧物語」「ティファニーで朝食を」「暗くなるまで待って」でアカデミー主演女優賞にノミネートされた。晩年はユニセフに親善大使として参加。ソマリアで難民救済に力を注いでいた。

 

Style Woman[http://style-woman.com/]

★エディター募集★ 詳細⇒コチラ

★ファッションブロガー募集★ 詳細⇒コチラ

Post Author: yukamori